2017年06月19日

腸閉塞の手前症の対処法

前記事のような腸閉塞の一歩手前になった時のアグリの対処法を列記します。
どれも他人にお勧め出来る程の効果はありません!

・大健中湯の服用以外の対策は無し!自然治癒以外の対策は無いと認識しています
ただ"他の方法や工夫は心理面で良い"と思っています。

・直角に座るとお腹が辛いので,会社デスクでは足を投げ出し
イス背もたれに体を預けたようなだらしない格好でPC作業しました
 若い人なら上司に叱られるような姿勢の座り方です(笑)

・座るよりもお腹に負荷をかけない姿勢が楽で
会社では30分に1回は立って,用も無く廊下・フロアを徘徊しました(笑)

・お腹を温める銭湯,お腹のマッサージ(手やハンドマッサージ機)
水分の多め取り,食べる量,質,速さには注意しました。

・会社で朝放送されるストレッッチ音楽に合せ,お腹の捩じりストレッチはしました
布団の上での金魚運動も考えたのですが疲労感で出来なかったです

・たまたま今回は夫婦ゲンカ中で頼めなかったのですが・・・(笑)
背中への強めマーサージ(体重をかけて)して貰うと腰痛に似た痛みは無くなります

・ストマー閉鎖した回腸術跡は,ちょうど自分でマーサージし易い位置にあり
常に右手でグリグリしていたため,3日目には皮膚が腫れて赤く・痛くなり辞めました(笑)

by アグリ

posted by アグリ at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 直腸欠損族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

腸閉塞予備症状

6/11日(日)PM3時〜6/13(火)PM10時まで腸閉塞の予備症でした。
3日間,55時間経過後に頻便・爆便モードになり解決しました

 現在6/15(木)段階で腸の動きはほぼ戻っていますが
3日間の体力消耗でややお疲れモードです

●3日間の状況として,閉塞までいかずその手前でした。
1)食事は,少なめですが普通に摂れました。

2)仕事や日常生活は通常通り?過ごしました。
もちろん集中は出来ませんでした

3)常時,お腹の違和感と背中側に痛みがありました。
自分の場合特に軽い状態の時は,お腹の膨満感よりも背中側の腰痛に似た痛みが強いです

内蔵のトラブルでは無く筋肉・整形外科系かなと感違いするくらいです
もちろんこれが進行して膨満感の方がキツくなると病院行きですが・・・

4)大健中湯を初日:6/11から服用しました。

5)微小のゲップ,オナラは日に数回出ます。
感覚的にはやっと出たという感じで,力無い貧弱なオナラ・ゲップです

6)これでゲップ,オナラが止まったら大変な事になると
不安な気持ちで過ごしました(気力の減退)

7)排便感覚は,初日から完全に止まった感覚でした。
この件で日頃は
”常に便意やトイレ位置を無意識に感じながら生活してる”
という事が判りました

by アグリ

posted by アグリ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 直腸欠損族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

大惨事

久々のupになります!
順調だったかというと実は記憶に残るような惨事を2回経験しました。

前回)2013年12月 ストマー閉鎖後2年目
出張帰りのJR中での出来事
http://aguri07.seesaa.net/article/382856248.html

3月)従って前回から4年経っています
友達とファミレスで会話して別れて運転時の出来事でした。
下着+ズボンそれに運転席のシートにも浸透しました

運転席のシートを汚したのは回腸ストマー時代依頼です。
ウエットテイシュ拭き取りとファブリーズを大量スプレーで対処しました

4月)家の中で・・・
亡き義母が送ってくれた浴衣を寝間着代りに着ていたのですが
下着+浴衣+兵児帯全て水没しました

両方共にある程度のバナナ便がでた後の残り便(水便)なのですが
普段なら我慢出来るとかオナラのつもりが便失禁になっています

油断してパッドや紙おむつを装着していなかったのが原因です。
パッドや紙おむつは一生涯のお友達と痛感しています。

by アグリ
posted by アグリ at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 直腸欠損族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

予算消化

前回記事で最近何故かこちらの地方ではガン市民公開講座が多いとupしました。

本日,ガンサロンで20数年間小児ガンの活動されている方が
この季節になると予算消化のために講演会が多いと聞きなるほど・・・と感心しました。

そういえば国立大学付属病院が主催する公開講座が多いです。
ガン市民公開講座に興味のある方は1〜3月にアンテナを張るのが良いですね!
(新聞,相談支援センターHP,各病院のお知らせ掲示板・・・etc)

自分の場合は,1〜2年目はガンブログ,3年目過ぎからガンサロンでのガン仲間との会話
今はガンサロンだけでなく市民公開講座が楽しみになっています。

by アグリ
posted by アグリ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー聴講 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

緩和ケア

最近,こちらの地方では何故かガン市民公開講座が頻繁に開催されています
今回は”緩和ケア”の公開講座。
総論)
三大療法(手術,放射線,薬物療法)に加えて
近年,緩和ケアの大切さが重要視されている。

●緩和ケアとは・・・
以前,疼痛認定看護師さんからも緩和ケア≠終末期のケアと聞いています。
治療初期状態から緩和ケアを受けた方が良いとの事

しかしながら講義を聞いても良く理解出来ていない部分が多々あります。
間違った情報をブログupするのも良くないので痛みの講義だけupします。

議題:ガンの痛みに対する最新治療
講師:麻酔科の先生
1)薬物療法
2)神経ブロック療法
3)放射線療法
4)運動療法
1)〜4)に関して痛みの原理からそれぞれの内容まで
盛り沢山の情報がありアグリの頭を入ったと思った先からこぼれて行きました(笑)

○講師の以外なお薦めとして運動療法で
作業療養士の指導の基で運動をすると軽減されるような痛みもあるそうです。
 精神的な面も影響してるのかも知れません。
痛みが軽減されなくても血流が良くなり体によさそうですね!

○薬物療法で,新しい薬がここ数年認可されているようです。
注)急ぎでメモしたので薬品名の精度は不安?
2013年:メサペイン
2014年:タペンタ
2016年:トラマール
沢山の鎮痛剤が認可され選択技が増えるのは良い事と思います。

○舌下鎮痛剤
内服の鎮痛剤の欠点としてお腹で吸収するので鎮痛効果時間がかかる
舌下に薬を含み,口腔内の粘膜から薬剤が浸透し即効性のあるお薬です。

レスキューで思いがけない痛みが発生した時に使うタイプ。
その代わり効果時間は1時間くらい

素人考えでお腹に負担がかからない?タイプなので
排便に不安のある身としては興味深々でした。

by アグリ
posted by アグリ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー聴講 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする